サンマックス・テクノロジーズは環境保全運動に積極的に取り組んでいます

環境負荷低減への取り組み

現在、地球では温暖化、オゾン層破壊、ダイオキシン汚染、生物多様性の確保といった様々な環境問題が発露しており、世界規模の環境保全が求められています。
企業活動に伴う環境負荷の低減を進めることは、適正な企業経営にとって不可欠な活動であります。

こうした状況の中、弊社は各種コンプライアンスを順守し、多彩なアプローチで環境対策を実施しております。また、「資源有効利用促進法」にもとづく不要製品の各種リサイクルの推進、鉛をはじめとする有害な重金属などを電子機器に利用しない「有害物質規制」への対応では、自主管理基準として「欧州RoHS指令の順守」を掲げ、その方針のもと、環境(製品含有化学物質を含む)マネジメントシステムを運用しています。

また、当社では、お客様のご要求に従い、紛争鉱物が当社製品に含まれないよう適切な管理を実施しております。

サンマックスは今後とも地球への想いを熱く内在させ、生物多様性の取り組みにも参画し、環境保全活動に積極的に取り組んで参ります。

環境に配慮した製品開発

当社は、DIMMをはじめとする弊社取り扱い製品・電子機器全てにおいて、「欧州RoHS指令への100%対応」を実現させています。また、顧客要求によるグリーン購入に100%対応するなど顧客要求を満足できる製品を供給しています。
これに加えて、当社製DIMMの一部製品では使用樹脂のハロゲンフリー化も開始しています。

  • ※: Restriction on Hazardous Substances(特定有害物質使用制限)指令の略

環境マネジメントシステム

サンマックスは、ISO14001 環境マネジメントシステムの認証を取得致しました。
ISO14001の規格に則ったシステムの構築と運用の徹底、継続的な改善、維持を行うことにより、環境配慮型製品とサービスの提供を致します。
また、社員一人一人が自覚を持ち行動することで、省エネルギー、省資源、廃棄物の最小化を目指します。